わたしの無痛分娩体験談!

これは、わたしの覚え書き。結構ありのまま書いてるので、苦手な方は見ないでください。

入院1日目8:45

自宅で朝食をとって、入院。『陣痛室』と呼ばれる部屋に通され、用意されていたお産用の服に着替える。下着も取り、産褥ショーツに履き替え、大きな産褥用のナプキンをつける。9:00

左手に付けっぱなしにできる点滴の針を取りつけ、陣痛促進剤を入れ始める。子宮口はまだ硬く、1センチほどの開き具合からスタート。(10㎝で全開)

『今日中に産まれたらいいですね(^^)』と看護師さんに言われたので、『今日中に産まれないこともあるんですか?』と尋ねると、『この陣痛室で3日過ごす人もいますよ』と言われ、ぎょっとする。お腹も全然下がってきておらず、内診も指が届きにくい感じ。奥の方まで指を押し込むので、入り口が痛い。。

12:00

昼食が運ばれてくる。促進剤を入れると、もどしてしまう人もいるので、ということで、半分くらい残すように言われる。ごはんは噂通り美味しい!まだまだ全然余裕。

14:00

無痛の処置をするということで、処置室に移動。手術台?のような所に横になり、体を丸め、背骨と背骨の間に隙間を作るようなポーズをとらされる。臨月の妊婦にはキツイ体制なので、看護師さんが手伝ってくれ、がっちりホールドされる。あまりにギュッと抑えられるものだから、『そんなに痛い?』と聞くと、『腕の点滴の針を刺すのと変わらないよ。動くと危ないから』と言われた。同じ病院で、同じく無痛分娩で次男を出産していた妹は、『痛いのは背中の麻酔の針を刺すときだけ』と言っていたので、『ここさえ乗り越えれば‼︎』と覚悟を決めた。どこまで拭く?というくらい広範囲に消毒され、『はい、じゃあチクっとするよ。』と言われ針を刺された。なんだか歯医者の麻酔みたいな感じで、痛いというより、神経にピリピリッと電気が走るような、体が勝手にビクッと動いてしまうような…気持ち悪い痛みだった。その気持ち悪い痛みの感覚も、いつまで続くのかわからず、体はガチガチに力が入っていたが、抑えてくれていた看護師さんが力を抜いたので、『あ、終わったんだ』とホッとした。その針から繋がっている管を腰から背中、肩までテープでしっかりと固定されて、最初の麻酔を注入された。背中の管を冷たい麻酔液が通るのがわかる。『よし!これでもう怖いものはない』と思っていたら、『内診するから、こっちに足を向けて転んで』と言われ、言われる通りにする。またもやグリグリされた後、先生が『持ってきて』と看護師に指示を出す。怖すぎてほとんど見ないようにしたが、銀色の何かが先生の手に渡る。。その後は、もう何をしているのかわからないけど、下から奥の方まで指?器具?を突っ込み、お腹もグイグイおしながら、とにかく長い間めちゃくちゃにされ、その間、痛すぎて体は硬直、顔は物凄い表情だったと思う。とにかく長時間に感じたけど、最後はなまぬるい液体がぶわっと出たのがわかった。先生は立ち上がり、去ろうとしたので『先生いま何したん?』と聞くと、『破水させたよ。その方が陣痛が進むから。』と教えてくれた。できれば先に教えていただきたいものだ。わたしは何をされるのかわからず、でもいつもの内診とは明らかに違うし、いつまでどこまで痛いのか、ただただ不安だった。先生が処置室から去った後、看護師さんが『大丈夫?』と聞いてくれたが、『大丈夫です』と答えるしかないけど、大丈夫なわけない‼︎笑そして、看護師さんに付き添われ、陣痛室のベッドに戻った。ほんのり下半身に麻酔が効き始めていた。看護師さんが部屋から出た後、旦那さんに『大丈夫?何したん?』と聞かれ、緊張の糸?恐怖の糸?が切れて涙が止まらなくなってしまった。無痛分娩を経験した何人もの知り合いに、いろんな話を聞いていたけど、

・痛いのは背中の麻酔の針だけ

・笑いながら産んだ

・感覚なくていきみ方わからなかった

・息を吸って、止めて、吐いたら産まれた

・子宮口が3.4センチ開くまでの辛抱

・痛かったら早めに麻酔追加してもらいなよ

・無痛分娩だから余裕だよー

・こんなのお産じゃない、これなら何人でも 産める(1人目普通分娩、2人目無痛分娩のお母さん)

など…わたしは完全に油断していた…泣

まず、背中の麻酔の処置より、人破が死ぬほど痛かった。

それからもひたすら促進剤の点滴を少しずつ量を増やしながら投与しつつ、麻酔も少しずつ投与。合間合間に看護師さんが内診に来て、ついでにカテーテルでおしっこも取っていく。(麻酔が入っているため、トイレに行きたい感覚も無くなるらしく、定期的に取ってくれる。)定期的に軽い痛みがくる。

18:00

夕食が運ばれてくるが、また半分残すように言われる。相変わらず美味しい笑

痛みは少しずつ強くなるが、内診に来た先生いわく『まだまだ』らしい。そしてお産の進み具合からして『九分九厘今日中には産まれない』と言われた。痛みはどんどん強くなり、結構な痛みになって来たが子宮口はなかなか開いてこない。そして、頼みの綱の麻酔を投与してもらい痛みを和らげると、お産は進みにくく、子宮口が開いてこないので、『麻酔、限界まで我慢しましょうね』と言われる。

22:00

促進剤ストップ。もう今日産まれる気配がないので、一時中断して、明日8:00に再開するとの事。(中断とかするんだ…)現在子宮口は5.5㎝。中断しても、激しく戻ることはないらしく、また5.5㎝からのスタートか、少し戻っても5㎝くらいからのスタートらしい。もう痛みがキツすぎて、少しでも戻るのが辛い。しかし、点滴を中断しても、子宮口は5.5㎝開いている。じぶんの陣痛も始まっていた。きっちり1時間おきに激痛!ウトウトしていると痛みで目が覚める、痛みが治まるとまたウトウト…の繰り返し。

入院2日目7:30

朝食が運ばれてくるが、痛みで食べれない。食べるともどしてしまいそう。

8:00

促進剤再開

もう、ずっと痛い!あまり寝れてないし、痛みを耐えるのに疲労も蓄積。痛みが治まるとオチる。そして痛みで戻ってくる。その繰り返し。。泣

12:00

昼食の時間。朝食と同じく痛みで食べれない。もう運んでこないでほしい。お腹も痛いし、骨盤?もありえないくらい痛い。もうずっと限界で、ナースコールで何度か麻酔をお願いした。その度に看護師さんが内診に来てくれ、『先生と相談しますね』と部屋を出て行き、また戻ってきて麻酔を追加。そして効き始めるのが15分程後…泣

しかも麻酔は少量すぎて、少しの時間ほんのり痛みが和らぐ程度。辛すぎた。。

たぶん17:00頃

ようやく子宮口は8㎝に。陣痛室から分娩室に移動する。分娩室のベッドは、そのまま分娩台にかわる仕組み。分娩室のベッドの上で子宮口が10㎝になるまで耐える。痛すぎて、この痛みがいつまで続くのかもわからないまま、でも痛みがひっきりなしにやってくる…看護師さんが、『ちょっと試しに…』といって、わたしのお尻を握りこぶしでグッと押した。『どうですか?少し楽ですか?』(楽!!!!)『では、ご主人にお願いしましょう』昨日からずっと一緒に居てくれた旦那さんの出番がやっときた笑(なんだこの光景!)久しぶりに笑えたわたし笑 すごく楽になったが、逆に、もう『お尻グッ』をやめれなくなった!笑

後から聞くと、旦那さんは手首を痛めたらしい爆

そしてなんとか子宮口は全開に!ベッドは分娩台に早変わり。先生がやって来て、いきんでみろと言われる。(え?もう出てくるの?)今までが長すぎて、いざ!となるとそんな感じだった。いきんでみる。そして先生が『パチン』とハサミ?で会陰切開した。(痛い!)

そして、お腹の張りに合わせて『はい、いきんで!』『もう1回!』次の張りが来るのを待つ。『はい、いきんで!』思いっきりいきむ!シュルシュルシュルシュルーーー‼︎と凄い音がした。どうも、吸引してたらしく、それが外れた音だった。そして、もう1回、今までにないくらい力を振り絞っていきんだら…

18:10

ついに産まれた!!!!すぐに大きな産声をあげて泣いた!旦那さんはすぐにへその緒を切りに呼ばれた。その後、胎盤を出すためお腹を結構な力で押された。痛い。。そして、会陰の縫合…これも痛すぎて地獄!!!!まだ縫うの?ってくらいチクチクチクチク泣

やっと全て終わり、先生が退出。産まれたての赤ちゃんがわたしのところに!絶対感動して泣くと思っていたけど、お産からの開放感で爽快だった!長い長いお産が終わった。聞いてた無痛分娩と違って、全てにおいて痛かった泣

(なんなら、産後4日目に行われる抜糸もものすごくいたかった!笑)

完全に舐めてたけど、こういう人もいます笑

もう、当分いいや。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA