ガンガラーの谷 in OKINAWA〜☆

まだまだ梅雨真っ只中の岡山から、すでに梅雨明けした沖縄へひとっ飛びしてきましたー\(^o^)/

沖縄上陸後、レンタカーをGETし、まず目指すは『ガンガラーの谷』‼︎‼︎

 

那覇空港から、約20㎞、車で約30分のドライブ〜♪

ざわわ〜♪なサトウキビ畑の横を何度も通りました(*^^*)

(チョコチップメロンパンかじりながらすみませんw)




ガンガラーの谷は、ツアーでしか立ち入ることが出来ません☆(ツアー代金¥2200)
事前にツアー予約をして、集合場所の『ケイブカフェ』に向かいます☆

 

ケイブカフェがまたステキなんです‼︎‼︎

中から見るとこんな感じ☆

サンゴを主成分とする『琉球石灰岩』でできた鍾乳洞をそのままの姿で活用したカフェ☆
夜は貸切のスペースとして提供もされていて、結婚パーティーや、音楽ライブなどのイベントも行われたりするそうです♪
こんなとこでパーティーとかすてきだなぁー♡

 

各テーブルにあるパラソルは、鍾乳洞の天井の至る所からポタポタ垂れてくる水を避けるためなんです!w

 

そして、時期的なモノもあるかもですが、とっっってもおしゃれなケイブカフェ、『湿気』は物凄いです‼︎w

 

 

 

いよいよツアースタート\(^o^)/
約1㎞、所用時間約80分のツアーです☆

 

ガンガラーの谷』は、2008年に一般公開が始まった、新しい観光スポットです☆

 

何十万年前もむかし、鍾乳洞の天井が崩れ落ちてできた谷で、崩れ落ちた両サイドが、今も見てとれる箇所がありました☆

その谷に、石を投げ込んで遊ぶ人が多く、その投げ込まれた石が、谷底に落ちていくときに、『ガンガラガンガラガンガラー…』と音を立てて落ちていくことから、『ガンガラーの谷』と名付けられたそうですw

(結構わたし、マジメにガイドさんの話きいてたなw)

大自然の中を歩いていきます‼︎

よく観葉植物として売られている『クワズイモ』、そこら中に生えてます‼︎‼︎

母神』と書かれたこの札、いつ誰が建てたのかハッキリ分からないそうですが、どれだけ台風来ても飛ばないそうですw

この札の後ろにある洞窟は『イナグ洞』。
イナグとは、沖縄弁で『女性』という意味です☆

このイナグ洞のなかには入れませんが、写真で説明されました!

どう見ても、女性のおしりとおっぱいの形をした鐘乳石の写真です!

子宝や、安産を祈願する場所だそうです♡

 

 

そして、少しいくと、『イキガ洞』の入り口が見えてきました!

イキガとは、沖縄弁で『男性』という意味☆

イキガ洞にはランプをもって中まで入れました‼︎

50mほど奥に進むと…

うん‼︎『シンボル』‼︎\(^o^)/


ぬんっっっ‼︎



みんなの笑いがもれましたw

御神体に触れてお祈り。。
こちらもお察しのとおり、子宝、子供の成長をお祈りする場所だそうです!

 

 

そしてそして、このツアーで、わたしが1番みたかったガジュマルの木\(^o^)/

ウフシュガジュマル』‼︎‼︎‼︎‼︎

推定樹齢150年、約20mのガジュマルです‼︎
見事すぎて、引き込まれそうでした(°_°)

 

上から垂れ下がって来てる根っこは…

細い根が複雑に絡まりあって、束になってました‼︎
生命力の強さを感じるー‼︎‼︎

 

下からも見上げてみました!


かっこよかったぁー(°_°)

ナナフシにも出会いました☆

草に紛れて分かりづらいですね(^_^;)

 

 

BIGサイズのオカヤドカリちゃん♡

にょきっ‼︎

 

 

ツアー後、ケイブカフェで、風化したサンゴで焙煎されたという『35(サンゴ)コーヒー』が飲んでみたかったけど、ツアーの解散場所が全然別の場所で…次回に持ち越しです☆w

 

 

2014年に、このケイブカフェで、約2万年前の旧石器時代の貝殻の装飾品、人骨などが発見されました。

今も発掘調査が行われている、ケイブカフェ、ガンガラーの谷、つぎは何が見つかるのかなぁーo(^_^)o♪♪

 

 

これからの季節、外出の必需品‼︎

今年話題の”飲む日焼け止め“サプリ‼︎‼︎

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA