タロフォフォの滝でよっこいしょーいち‼︎

左ハンドルを乗りこなし、たまにウィンカーの代わりにワイパーを動かしながら、『タロフォフォの滝公園』を目指した☆

タモンを離れると、グアムはとっても自然豊かで、田舎な風景が心地いい♡

道端にニワトリが歩いているのを見るのはしょっちゅう、犬までいたりする。。w


車が来ても驚きもしないし、なかなか避けない。w

タロフォフォの滝公園に到着☆

降ったり止んだりの雨もなんとかあがった☆

20ドルの入場料を払い、施設内に入ると、まずダックスフントの子犬が数匹、ヨチヨチ歩きまわっていたw
母犬は端の方で横たわっている。。w

夏バテかな…w

少し進むと、今度は豚の親子(≧∇≦)

かと思ったらニワトリもたくさんいるし…w

なんだここは(≧∇≦)爆

しかも、この施設内には、ラブランド(チープな遊園地)や、お化け屋敷、歴史館…なんかいろいろあるみたいだったw
(どれもクオリティ低そうなにおいがプンプンw)
わたしたちは滝を見に行くためのケーブルカー乗り場にまっすぐ向かった☆

ケーブルカーに乗って少し行くと見えてきた‼︎

すごー‼︎‼︎

上から見る第1の滝

横幅ひろー‼︎

こちらが第2の滝 ☆

足元は滑りやすいので注意。。

さっき上から見た滝!

高さ9メートル、幅は20メートルあるらしい!
立て札がおもしろい。。w

そして吊り橋を渡り…

再びケーブルカーに乗る☆
お化け屋敷、歴史館などをスルーして出口に向かうw

この施設内には、『横井ケーブ』といって、横井庄一さんが終戦を知らず、28年間潜伏していた洞窟のレプリカがある。

↑これは洞窟内の見取り図。

高さ1メートル、奥行き3メートルの洞窟で過ごしていたなんて。。

立ち上がる時のギャグ?『よっこいしょーいち‼︎』みたいなのを聞いたことがあるけど、まさか、この人の事だったなんて‼︎(・_・;)

そんな人を立ち上がる時の掛け声にしてもいいのか?w

歴史とか全然知らないわたしでもそう思う。w

 

 

タロフォフォの滝公園、ラブランドやお化け屋敷は置いておいて、滝と横井ケーブは1度は見てもいいかなぁと思うけど…
…20ドルは高くないか?www



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA