危険‼︎岡山に人食い用水路⁉︎(画像あり)

Yahooニュースを見てたら恐ろしい記事を発見!!!

人食い用水路』って‼︎‼︎

岡山育ちのわたしには、馴染みの風景。。『たんぼ』‼︎

でも、確かに、たんぼに水を張るこの季節は、普段水が少ない用水路も、驚くほど水かさが増している。

 


フェンスのようなものも無い所が多い。
中学生の頃、うちの妹もこの用水路に自転車ごと食われた‼︎(今も生きてる)

こんなに自然豊かで、美しい田んぼの風景の一部が、妹にキバを剥いたのだ‼︎‼︎w

そもそも酔っ払って自転車に乗る事自体おかしいが、酔っ払って、自転車ごと用水路に落ちて、亡くなった人も知っている。。

ある日、大雨で、用水路と道路の境目がわからないくらいフラットになっていた。
しかもさらに大雨で視界も悪かった。
車が横向きで用水路に『すぽっ』っとはまってしまっているのも見た事がある‼︎



危険だぁー‼︎

人食い用水路』…ここかもしれない。。

岡山県で人々が用水路に落ちる事故が相次いでいる。自転車やバイク走行中の転落死は、過去3年間で31件。県内の交通事故死者数の1割を超える。なぜこうも危ないのか。
4月12日午前8時ごろ、岡山市東区の用水路に男性が落ちていると、119番通報があった。県警によると、近くに住む男性(70)で、溺死(できし)だった。現場は、住宅街の市道沿いにある深さ約2メートルの用水路。幅2・1メートル、長さ3・2メートルの柵のない短い橋から、自転車ごと落ちたとみられる。
岡山市内では、人が用水路に落ちる事故は珍しくない。3月上旬にも男性(68)が南区の用水路で亡くなった。現場は柵も街灯もなかった。夜に自転車ごと誤って転落したとみられる。今月上旬にも、同区内の用水路に男性(75)が自転車ごと転落。頭を強く打って意識不明となった。
昨年1年間でみると、岡山県全体では、用水路などに落ちて12人が亡くなっている。県警交通企画課によると、自転車やオートバイを運転中の転落死者数は全国ワースト1位。県内の交通事故死亡者87人のうち13・8%を占め、この割合は全国平均の約6倍にあたる。
「全国の病院で勤務してきたが、こんなに用水路に人が落ちる街は初めてだ」。倉敷中央病院救命救急センターの市川元啓(もとひろ)医師は驚く。昨年、用水路に落ちて救急搬送されたのは89人にのぼり、うち14人が集中治療室に。首や顔から落ちて骨折するケースが多い。市川医師は「歩いて来院する人も含めれば、さらに増える」。昨年12月には県外出身の前県警本部長が県議会で「全国で本県のみが突出して最多という特異な状況だ」と答弁した。ネット上では「岡山の用水路は人食い用水路」とのコメントが書き込まれた。
なぜ、こんなに落ちるのか。
古くから干拓による広大な農地…

asahi.comから引用

 

闇金解決
子供の身長を伸ばす
子供の身長を伸ばす
探偵比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA