恋人岬♡in GUAM

タロフォフォの滝を見たあとは、タムニンの観光名所『恋人岬』へ☆
女2人旅、『なんか腹立つから恋人岬は行くのやめよーw』とか言ってたけど、折角なので行ってきたwww

恋人岬にはなんだか悲しい伝説があるようです。

物語の主人公は、許されない愛で結ばれたチャモロの恋人たち。男は高い身分(マタオ)の出身でしたが、女は身分が低く(マナチャング)、マテオが格下の者たちと交わることは厳しく禁じられていました。

グナトン村のマテオの男は若く美しいマナチャングの娘と恋に落ち、駆け落ちします。マテオの仲間にかくまってくれる味方は見つかりませんでしたが、それでも娘と別れようとはしませんでした。

男の親族に追われ、若い恋人たちはしばらく鬱蒼とした森林や険しい岩場を放浪しますが、頼るもののない悲惨な暮らしにやがて絶望。死を覚悟した2人は石を積んで墓にすると、そこに悲しい愛のしるしである赤子を横たえました。 そして行き場を失って途方に暮れた2人は、海に面した高い断崖の頂上へ登り、髪で互いを結びつけてしっかり抱き合い、眼下の波間へ身を投げたのです。

この岬はスペイン人に「カボ・デ・ロス・アマンテス(恋人たちの岬)」と名づけられ、現在では「プンタン・ドス・アマンテス(2人の恋人たちの岬)」として知られています。

http://www.visitguam.jp/chamorro-culture/legends/   から引用
でも、伝説にはもう一つの結末があって、
『実は2人は助かって、ロタに逃れてしあわせに暮らしたのでした』という説もあるようです♡

 

こっちがいいな( ^_^)

 

 

入場料3ドル払って入場☆


カラフルでかわいい‼︎
決して離れたくない恋人たちは、ハートのロックキーに名前をかいて、永遠を誓い合うそうです♡

展望台の上からの風景\(^o^)/
…物語の2人はここから飛び降りたのか(>_<)?

透明度‼︎‼︎

そして風が物凄いw

サンセットまではもう少し時間がありそう☆

結婚式?に遭遇‼︎♡

絶対ステキな写真が撮れたはず‼︎♡

植え込みの中にBIGなヤドカリ発見☆

可愛いけどデカすぎてちょっと怖いw

(実は何年か前、オカヤドカリ飼ってた)

一応、♡の中に入り記念撮影\(^o^)/w

サンセットを待っている間に、雲行きが怪しくなり、スコールに会う前に撤退‼︎w

8月は雨季の真っ只中で、たびたびスコールに襲われるわたしたちでしたwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA